オトナの見え方事情

日々の生活の中で、ものの見え方が変わってきたと感じたことはないですか?オトナの見え方事情について聞いてみました。

事情1 ものの見え方に変化を感じ始めたのはいつから?

30代後半からものの見え方の違いを感じる人が増え始める。
40代前半でより顕著に。

手元の小さな文字が見えづらい

近くのものを見るときに焦点が合わせづらい

手元の物をちょっと離すとよく見える

コンタクトレンズ利用者は、これらの見え方の変化によって
「今使っているコンタクトレンズが合わなくなってきた」と感じる様に。

事情2 コンタクトレンズ利用者に聞きました。今のコンタクトレンズを見直した方がよいと思ったきっかけ

多くの人が、日常生活や仕事上で困ることが増えてきたのをきっかけに、
使っているコンタクトレンズを見直した方がよいと感じる様に。

日常生活で困ることが増えてきた。

45.0%

    仕事上で困ることが増えてきた。

    37.7%

      眼科医や眼鏡・コンタクトレンズ販売員に薦められたから。

      6.5%

        事情3 遠近両用コンタクトレンズ利用者に聞きました。みんなが遠近両用コンタクトを選んだ理由

        遠近両用コンタクトレンズの利用者の多くが
        コンタクトレンズならではのメリットを選択理由として挙げました。

        43.7%
        37.3%
        29.1%
        仕事中のメガネのかけ外しが煩わしい せっかくのオシャレが台無しになるのはイヤ スポーツや趣味など、アクティブに過ごしたい 外出時や仕事のときなど、急にメガネをかけ始めるには抵抗が・・・ いつもまでも素顔で自分らしくいたい

        2015年4月 ボシュロム・ジャパン調べ「ものの見え方に関する実態調査」 35-59歳男女 62,532名「老視矯正に関する実態調査」 40-59歳男女   1,000名

        視力の矯正はずっとコンタクトレンズでしてきたから。

        メガネをかけるのが嫌だから

        顔の印象が変わらないから

        「手元が見えづらい」「焦点が合わせづらい」等、見え方の変化を感じたら、コンタクトレンズの種類を見直す時期かもしれません。まずは無料体験でボシュロムの遠近両用コンタクトレンズをお試しください。

        無料体験ができる施設を検索
        メダリスト フレッシュフィット コンフォートモイスト 遠近両用2week販売名:ボシュロム メダリストⓇ フレッシュフィットⓇ 医療機器承認番号:22300BZX00257000